債務整理のランキングと実際の声やリアルすぎる体験談集

債務整理のランキングと実際の声やリアルすぎる体験談集

債務整理の内容は大きく分けて複数に分けることができます。

 

 

自己破産と任意整理や過払い金請求。

 

 

 

弁護士事務所によって強みやランキングも変わってくると思いますね。

 

 

 

 

気軽にお金を借りれる時代です。お財布にお金がない時や給料日までの繋ぎとしてキャッシングを行う人も珍しくないかと思いますが、キャッシングの返済方法は多種多様です。

 

 

 

 

返済方法次第でどれだけ利息を支払うのかが変わってきますので、キャッシングをと考えているのであれば、返済方法も併せて考慮すべきです。

 

 

 

そこで、それぞれの返済方法のメリットとデメリットをチェックしてみるとしましょう。

 

 

 

余計なお金を支払いたくないのであれば一括払い推奨

 

 

 

一括払いの場合、金利が付かない所も多いです。借金で悩んでいる人は借金そのものよりもむしろ利息の多さです。

 

 

 

お金を借りれば金利分の利息が付きます。利息のおかげでなかなか元本が減らず、ゴールが見えないので心が折れてくる人も多いのですが、一括払いであれば利息がつかないケースが多いので、借金の問題で悩まされることはないでしょう。

 

 

 

金利がほとんどかからなかったり、あるいはズルズルと借金問題を長引かせないという点は大きなメリットなのですが、一方では一括で支払うお金を用意出来るのかという問題もあります。

 

 

 

 

現実的に、30,000円借りる人がすぐに30,000円返せるのかという問題があります。

 

 

 

給料日前だから、すぐにボーナスが控えている、財布に現金が入っていなくてATMも近くに無く、使えるのがキャッシングのみといったシチュエーションであれば良いのですが、生活費に困ってのキャッシングの場合、現実的に一括で返済するのは難しいでしょう。

 

 

 

 

理想を言えば一括で返済したいとは思っていても、現実を考えると一括は難しいという人も多いでしょう。それでも出来る限り一括での返済を推奨します。

 

 

 

 

 

均等に、そしてゴールが見えやすい分割払い

 

 

 

分割払いの場合、回数を自分で決められます。近年は12回までは金利手数料がかからないケースも多いですし、分割の場合予め回数が分かっていますのでゴールが見えているメリットもあります。

 

 

 

後述しますがリボ払いの場合、一体自分の借金はいつ払い終わるのか…と次第に精神的に参ってしまい、借金生活から逃げ出したいと思ってくる人も多いのですが分割の場合10回であれば10か月で返済が終了すると約束されているので泥沼に陥ることもありません。

 

 

 

 

一方で分割払い中に新しい分割払いを組むと、支払いが2つになります。

 

 

 

自分に都合よく解釈し、分割払いを2つ作った場合、「一つ目の分割が終わってから2つめが始める」とか「リボ払い中だから統合される」と勘違いする人も多いのですが、分割払いを複数組めば、複数分返済しなければなりません。

 

 

例えば10,000円の10回払いを2つ組んだ場合、20回払いになるのではなく、トータルで20,000円を10回で返済することになります。計画性がないと、一回の支払額を抑えられると思っていても案外大きな額になってしまうケースもあります。

 

 

 

また、他の商品をリボ払いで購入した場合、併用になります。分割払いの返済額とリボ払いの返済額を加算した額が返済額になりますので、こちらも支払額がそれなりの額になってしまうケースがあります。

 

 

いくら金利を抑えられるとはいえ、無計画に分割払いを組むと結局は自分自身の首を絞めることになります。

 

 

 

・月々の返済額を抑えられるリボ払い

 

 

 

リボ払いはいわば「定額制」です。どれだけ商品を購入しても月々の返済額は変わりませんので、月々の返済額を抑えられるという点ではメリットがあります。

 

 

 

 

 

ですが少額の買い物であれば良いのですが、高額商品や、あるいは買い物を繰り返すと返済額がなかなか減らない状況になります。先に分割払いの場合、組んだ本数分支払うとお話しましたが、リボ払いであればどれだけリボ払いで買い物を行っても返済額は同じです。

 

 

 

月々の返済額を抑えられる代わりに、返済が長くなるので利息が増えます。例えばリボ払いの返済額が4,000円だとすると、内訳を見ると半分以上が利息のケースもあります。普段めったに買い物を行わない人であれば、気付いたら終わっているかもしれませんが頻繁に買い物を行う人の場合、リボ払いを繰り返すと返済額だけが溜まっていきます。

 

 

 

 

借金返済の仕事人-お金が返せない時の解決の方法とコツ一覧

 

 

 

お金がない時ほど付き合い方を考えるべきだと思います。特に借金返済中では冷静な判断を取るのが難しいと個人的には思っています。

 

 

部屋の掃除とかできる事からするのがおすすめ。

 

 

返済額が同じだからと買い物を繰り返していると、気付いた時には物凄い額の返済が溜まってしまって悩む方が多々見受けられます。

 

 

 

結局は支払いを後回しにし、利息だけを溜めてしまう返済方法でもありますので、リボ払いでの返済を考えている場合、常に多めに返済したり、一度の買い物のお金が返済されるまでは買い物を控えるなど、自分自身の気持ちの持ちようも大切になってきます。

 

 

破産宣告とは?損をしない自己破産の費用やメリットデメリット解説!